付き合う前のデートで彼の家に行くのはあり?注意すべきポイント

お家で寄り添う男女
付き合う前のデートで彼の家に行くのはありでしょうか?
男性心理をふまえた上で考えていきましょう。
彼の本音の見極め方や注意点、おすすめの対応もご紹介しているので参考にして下さい。

家デートに誘われたとき、正直迷ってしまう部分がありますよね。
実際家でのデートはどんな感じになることが多いのか、誘われるということは脈ありの可能性があるのかどうかも探っていきましょう。

自分で決断するヒントになればと思います^^

スポンサーリンク

付き合う前のデートで彼の家ってあり?

付き合う前のデートで彼の家に行くのはありなのでしょうか?
「家でデートしよう」とか、「家で一緒にDVDでも見ない?」なんて提案をしてくる男性っていますよね。
正直なところこのような場合、女性としては悩んでしまう部分も多いのではないでしょうか?

家ともなるとやはり少しは警戒しますし、相手のことが気になっていても素直に「はい」とは言いにくいですよね。
このような時どのように対応すればいいか、一緒に考えていきましょう。

付き合う前に家デートに誘う男性心理とは

まず男性は、なぜ付き合っていないのにお家デートを提案するのでしょうか?
この“なぜ”という部分が分かれば、断るかOKするかも判断しやすくなりますよね。

家デートに誘う男性心理としてどのようなものがあるのか、確認していきましょう!

付き合いたいから

考えられる心理としては、相手もこちらに好意があり、付き合いたいと考えている可能性があります。
家というのは完全にプライベートな空間ですから、少なからず好意的な感情をこちらに抱いていないと呼ぶということは考えにくいです。

あなたのことをもっと知りたい、あなたに集中したいというような気持ちがある場合、人目を気にしなくてもいい家をデート場所として選ぶことも考えられますよ。
純粋な好意の結果、お家デートを提案したのかもしれませんね。

友達のような感覚

男性の中には家に誘うということに対して、あまり深く考えていない方もいます。
友人を家に招くのと同じように、あなたのことも誘っているのかもしれませんね。
その場合単に「家でゆっくり話したいな」くらいの感覚の可能性もあります。

恋愛においては、ここから発展するかどうか見極めている段階の可能性もありますね。

家でしかできない趣味

例えば二人が共通して盛り上がれるのがゲームだった場合などは、お家デートを提案するのも分からなくはないですよね。
インドアな趣味ですと出来る場所も限られてくると思います。
そういった場合は、単純に好意的な意味であなたにお家デートを提案しているのかもしれませんよ。
目的が二人の共通の趣味などの場合、少しは安心してもいいかもしれませんね。

下心

女性がお家デートを躊躇う理由として多いのがこの下心ですよね。
当然お家ということは、そういうこともありえるのでは?と考えても無理はありません。
実際そういった下心でお家デートを提案してくる男性もいます

見極める方法などはあとで詳しくご紹介しますが、このようなケースの場合は断る勇気も必要かと。
お家デートをしたからって、付き合えるとは限りませんからね。

付き合う前のデートで家に誘う彼の本音の見極め方

付き合う前のデートで家に誘われた場合、知りたいのは彼の本音がどこにあるのかということ。
相手の家に行くと言うことは、女性側にとって少なからずリスクが伴います
そのリスクを減らすためにも、彼の本音をしっかりと見極めていきましょう。

何をするのか

付き合う前の家デートを提案されたら、「何するの?」といつもの感じで聞いてみて。
ここでスッと言葉が出てこないようなら少し注意かも。

家にしようと思った理由は少なからずあるはずなので、答えにくいものでなければサラッと言葉が出てきても良いのではと思います。
特に目的はないけど家を選ぶというような様子なら、女性としては警戒しておいて損はないと思います。

時間帯

付き合う前のデートでは、時間をしっかり確認しておくのも大事。
ただこのとき「何時から」という情報だけでなく「何時まで」という部分も質問してみて下さい。
あわよくば~、な展開を狙っている場合、お泊まりも考えているかもしれませんからね。

予防策としてこちらから「その日は○時頃には帰らなきゃ~」と伝えておくのもおすすめですよ!

一人暮らしか実家暮らしか

これも重要なポイントですが、一人暮らし実家暮らしかは必ず確認して。
実家暮らしなら家族に紹介したい、もしくは紹介しても問題ないくらいあなたのことを気に入ってくれている可能性もあります。

一人暮らしと実家暮らしの差は大きいので、確認しておくに越したことはありませんよ。

ただし油断は大敵!

実家暮らしでも油断は大敵!
家族が不在のタイミングを狙っている可能性もあります。

ですから基本的に家に人がいるかどうかまで確認するのがベスト。
その日家族はいるの?」と質問してみて下さい。
ご家族いるなら手ぶらは失礼かな~って思うから」など、不自然じゃない口実を使うと聞きやすいですよ^^

お家デートに誘われたときのおすすめの対応

男性心理や本音をふまえたところで、どのようにお返事をすると良いのでしょうか?
中々決断出来なくて悩んでしまう人も多いかもしれませんね。

そこで返事の仕方としておすすめな対応をいくつかご紹介しておきます。
良かったら参考にして下さい^^

一度は断る

男性の気持ちがいまいち分からない場合、一度は断ってしまうのがおすすめです
下心でなかった場合、それだけでダメになるということは考えにくいですから。

お家は緊張してしまうので、別の場所にしませんか?」「○○に行きたいんですけどダメですか?」など、別の提案をしてみて彼の反応を伺ってはいかがですか?
紳士的な対応をしてくれるなら、好感触ですよ^^

迷ってしまうなら…

付き合う前のお家デートでは、返事に迷ってしまうくらいなら基本的には行かないのがおすすめ。
何かあった時に後悔しても遅いですからね。
お家デートは何も今このタイミングである必要はありません。

こちらに気があるのなら、断っても連絡がきたりデートを重ねることは十分に出来ます。
そこで連絡が来なくなるくらいなら、ただの“下心”だった可能性も大ですよ。

断る時に「お家はちょっとあれだから・・・、別の場所でデートしたいな」などと伝えてみて。
気になる男性に対しては、“あなたのことは嫌いじゃないんだけど、お家はまだ早いかな”というニュアンスで、気がないわけではないことをアピールするのも大事。
こちらに気がないんだなと感じると、男性も消極的になってしまうかもしれませんから。

好意も一緒に伝えて、別のデートに繋げるのがおすすめですよ。
無視してこちらの意思を汲んでくれないなら、付き合っても苦労する可能性が高いのではないでしょうか?

本気ならありかも

男性側もわざわざ自分の家に呼ぶということは、あなたのことを嫌ってはいないのだと思います。
どちらかというと“あり”だから呼ぶのでしょうね。

もし付き合う前にそういうことになっても構わない!くらいの気持ちがあるのなら、Yesと返事をするのも間違いではないでしょう。
ただし必ずしも付き合えるとは限らないので、その点はご注意下さい。

スポンサーリンク

付き合う前の家デートをOKしたら付き合えるの?

もし相手のことが気になっている場合、ここでOKしたら相手と付き合えるようになるのでしょうか?
そうでないようならわざわざ家デートをOKする必要性もないですよね。

お家デートのその後についても確認しておきましょう。

下心等なかった場合

相手に下心がなかった場合、それは単純にお家デートであなたとの距離を詰めたかったということになります。
ですから結果的にはほどよく関係が進展することも

プライベート空間に入れるほどあなたのことを信用しているということなので、付き合えるまでもう一歩かもしれません。
その次のデートでも家を提案されると微妙ですが、いかにもなデートスポット等に誘われたら大チャンスですよ!

関係を持ってしまった場合

相手と関係を持ってしまった場合、そのまま彼氏彼女の関係に発展するということは思った以上に少ないです。
都合の良い関係になったり関係が途絶えたり、何事もなかったかのようになるパターンというのが多く存在します。
きちっと付き合う気があるなら、はっきり言ってわざわざ体の関係から入る必要はありませんからね。

付き合っていないのに関係を持つというのはリスクが伴うので、出来ればやめておいたほうがいいと思いますよ。

付き合う前のお家デートでは実際どんなパターンが多いの?

付き合う前のお家デートでは実際どんなパターンが多いのでしょうか?
実はお家デート自体に誘われたことのある女性というのは数多くいます。
ただ行くか行かないかというのはやはり賛否両論あるところで、断る人も少なくないよう。

では実際に行った場合、その後どのような展開がありえるのでしょうか?
参考までにいくつか例を見ていきましょう。

流されてしまう

最初からそのつもりだった女性もいるかもしれませんが、そうでなくても流れで最後までしてしまうことも多いよう
グイグイと来られると断り切れない女性も多いのかも知れません。
絶対に後悔しないならいいですが、そうでないならしっかりと自分の意思を持つことが大事かもしれませんね。

特に何もない

ひたすらお家でお話したり、ゴロゴロしただけで終わったという人も。
この場合下心はなく、単純にあなたとの仲を深めたかっただけなのかもしれません

家のようなプライベート空間ではリラックス出来ますし、人目を気にしなくていい分話しやすいと考える人も少なくありません。
実行に移すだけの勇気がなかったケースも考えられますが、何もないというのも十分ありえるようです。

すぐに帰宅

遊びに行ったものの、長居はせずにすぐに帰宅したというパターンも。
下心がありそうかどうか図りかねるときは、用事があるなどの理由で早めに切り上げるのも1つの策かもしれませんね。

あらかじめ短時間しか無理なことを伝えても会いたがるようなら、相当あなたのことを気に入っているのかもしれませんよ!

付き合う前のお家デートは脈ありなのか

付き合う前にお家デートに誘われると、嬉しい反面不安もあって複雑な乙女心を抱くこともあると思います。
そもそもお家デートに誘われるというのは脈ありなのでしょうか?

この辺りもチェックしていきましょう。

脈ありとは限らない

残念ながらお家デートに誘われたから脈あり、とは限らないのが現実
下心のみの提案であるケースも少なくなのが実状です。

脈ありかどうか知りたいのなら、別の部分で判断したほうが懸命。
『お家デート=脈あり』というような考え方は、盲目的であり自己防衛の面でも危険と言えるでしょう。

付き合う前の家デート注意点

もし付き合う前の家デートをするならその注意点はなんでしょう?
チェックしてきたいポイント4つ、頭に入れておきましょう!

ポリシーを捨てない

付き合う前の家デートに行くなら、自分のポリシーを捨てないことが大事。
絶対に流されない、お泊まりは避ける、など、明確に自分の意思を持って下さい。

自分の意思を持って選択していけば、後悔の残るような選択は避けられます。
どういうつもりで行くのか”という点をしっかりと自覚するようにしましょう。

夜は避ける

出来る事ならお家デートは、昼間の明るい時間帯にして
付き合う前のお家デートで夜を提案してくるのは下心あり濃厚。

純粋に仲を深めたいだけならお昼でも特に不都合はないはずなので、お昼からデートで夜には帰らなきゃ、というようなことを事前に伝えてみて。
それでいまいちな反応をしてくるようなら、なんだか少し怪しいですよ。

パンツスタイルがおすすめ

もし付き合う前のお家デートに行くならば、服装は断然パンツスタイルがおすすめ。
男性を煽らず、OKなんだと勘違いさせるのを防ぐ意味もあります。

女性らしさを活かしたスカートは、お家以外の場所でのデートで履くようにしましょう。
お家デートに限ってはパンツスタイルで基本的に露出の少ない服装が望ましいですよ。

アルコールはNG

アルコールを摂取すると気分が高揚したり、どうしてもガードが緩くなりがち
ですからお酒は万が一勧められても断るのがおすすめですよ。

あまり記憶がないなか事に及んでしまって、後悔したり傷ついたりするのは女性なのです。
自分の意思がしっかりと持てるよう、お酒は控えましょう。

彼の家でのデートを成功させる秘訣

もし彼の家でデートをするならいくつか意識したいこともあります。
どういうつもりで彼の家に行くのかにもよりますが、成功させ彼女になるために大事なポイントを見ていきましょう。
行くと決めたなら彼の心を掴んで帰ってきましょうね!

詮索しない

家に呼ぶということはそれなりに環境を整えていると思いますが、基本的に部屋を詮索するのはNG
プライベートな空間であることには変わりありませんので、付き合っていないうちからあれこれと探るのはやめておきましょう。

余計な詮索は冷めてしまう男性も多いので要注意です。

お世話しすぎない

好きな人のためならつい何でもやってあげたくなっちゃう、なんて女性もいるのではないでしょうか?
お部屋の片付けや料理など、親切心でもやり過ぎはNGですよ。

家庭的だとポイントがあがるのでは?と思うかもしれませんが、家政婦と同じように見られては付き合ってからもあなたの苦労が絶えないかも。
相手にとって大事で手放したくない存在になるためには、便利な女になりすぎないのもポイントです。

付き合う前の家デートはどうなのかまとめ

付き合う前の家デートは悩み所ですよね。
いくら好きな人とでも、抵抗のある女性は少なくないと思います。

個人的にはとりあえず一度断るのがおすすめですよ。
ただしこのときただの拒絶だと思われないよう、好意も一緒に伝えるのがポイント。
相手の方が下心のみでなければ、その後もデートを重ねて良い感じになることは十分考えられます。

相手の本心を見極めて、出来るだけリスクの少ない選択を行って下さい。
何かあった時傷ついてしまうのは自分自身ですからね。
上手くいくためにも、安易な気持ちでお家デートをOKするのはやめておきましょう。

ただ断るよりは代替案を出す方がおすすめなので、デート場所が思いつかないという人はこちら↓の記事も参考にして下さい^^

スポンサーリンク

コメント